アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールとアルギニンの関係性について|気になる効果とは?

   

アスミールが子供の成長を助けてくれる理由

あなたは子供の成長にもっとも大きな影響を与えるのは何だと思いますか?それは間違いなく「栄養」です。

なぜなら、いくら規則正しい生活をしていて適度な運動や睡眠時間をしっかりしていたとしても成長に置き換わるそもそもの栄養がなければ骨も筋肉も育たないからです。

アスミールは牛乳と一緒に飲むことによって骨と筋肉を育てる栄養素がしっかり摂取することができます。そのアスミールの大きな特徴と言える栄養成分というのが”アルギニン”です。

●アルギニンがもたらす効果

アルギニンは別名「スーパーアミノ酸」と呼ばれていて成長に大変優れた効果があると科学的にも証明されています。

アルギニンの主な効能は下記の通りです。

  • 筋肉の増強と骨の強化に効果がある
  • 疲労回復を早めケガの早期回復にも有効
  • 血液の循環を促進させる
  • 免疫機能の向上

などの効果が期待できます。

こうしてみると大人も取り入れたくなってしまうぐらい魅力的な成分ということが分かりますね。

●成長ホルモンとアルギニンの関係性

医学的にも証明されていることなのですが、子供の成長には成長ホルモンの分泌がもっとも大事だということが言われています。子供の身長は遺伝によって決まるというのが一般的ですが、1番に大事なのは成長ホルモンの分泌だったんです。

たしかに遺伝による身長の高さの決定づけるのは一理あると思っています。身長の高い夫婦に生まれた子供は身長が高い傾向にあるのは事実だからです。ですが、逆に身長の低い夫婦の間に生まれた子供でも両親の身長よりはるかに高いという事例がすごく多いのも確かです。そこに一因しているのは間違いなく成長ホルモンの分泌が関わっています。

もちろん体の構造上、身長が伸びる限界値というのはあると思うのでそのあたりは遺伝が大きく関わっているのでしょう。

アスミールにはアルギニンが高配合で含まれるのでうまく活用して成長ホルモンの分泌量を増やし背を伸ばしていきましょう。

●成長ホルモンの分泌による働き

成長ホルモンの主な働きは、

  1. 体の組織の成長を促す
  2. 代謝をコントロール

この2つです。

子供の成長に大きく関わるのが1の「体の組織の成長を促す」の働きです。子供の成長期には骨の骨端線(こったんせん)と呼ばれる骨が成長する段階にいます。

つまり骨端線がまだ成長段階にいる時はまだ身長が伸びる可能性を秘めているということです。なお、骨端線が完全に消滅してしまうとされる年代は男性で25歳、女性で22歳というのが一般的に言われています。

骨端線がまだ存在している段階であれば成長ホルモンの分泌量を促進させてくれるアルギニンが高配合されているアスミールを飲んで秘められた身長を最大限まで引き出してあげてください。

●まとめ

ここまでアスミールとアルギニンの関係性についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

アルギニンは背を伸ばすために重要な要素である成長ホルモンの分泌量を増やしてくれる効果があるという事もお伝えしました。そして男性なら25歳、女性は22歳までは骨端線が残っているかもしれないので身長を伸ばす可能性を秘めているということもお伝えしましたよね。

アルギニンはアスミールに高配合で含まれていて、さらに亜鉛、プラセンタといった有効成分が相互作用で働きかけるのでお子さんの成長をより実感することができます。

もし低身長のお子さんが心配であればぜひ飲ませてあげて、コンプレックスとは一切無縁の自信に満ち溢れた元気なお子さんに育ててあげてください。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて