アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは大学生でも身長は伸びるのか?果たして・・・

   

アスミールが大学生の低身長に有効な理由

アスミールは大学生のお子さんが飲んでも身長が伸びるかどうか不安をお持ちのあなたへ。子供の身長がもっとも伸びる時期というのは中学生を迎えた思春期に訪れるおよそ2年間の超成長期です。

高校の3年間を終えて大学生になると成長期のピークはすでに過ぎてしいるのでアスミールを飲んでも効果が無いのではないかとあなたはもしかしたら思うかもしれません。ですが、2つの条件が揃っていればたとえ大学生であってもアスミールを飲めば身長を伸ばすことは十分可能です。

●身長を伸ばすために必要な2つの条件とは?

身長を伸ばすのに絶対的な条件というのが以下の2つです。

1,骨端線(こつたんせん)
身長を止めてしまう一因となるのが「骨端線」の閉鎖です。

骨端線はレントゲンで見ると骨と骨の間にある線状の隙間のように見えるのですが、線状の隙間の付近には骨を伸ばすための細胞が入り組んでいて骨が伸びる根本的な部分です。

この骨端線は年齢とともに閉鎖してしまい細胞が完全に消滅してしまうと身長が伸びる可能性が絶たれてしまいます。骨端線が完全に閉鎖してしまう平均的な年齢は男性で25歳ぐらい、女性で22歳ぐらいとされているのでこの年齢までは諦める必要はなく積極的にアスミールを試して大丈夫です。

2,成長ホルモンの分泌

成長ホルモンの分泌が身長を伸ばすのに大きく関わっているというのは色々なサイトで言及されているので勉強熱心なあなたならすでにご存知かと思います。

夜寝ている時に成長ホルモンの分泌量がもっとも増えるタイミングでそれと比例して身長が伸びるという事が一般的になっています。

夜中に骨の成長で関節などに痛みが出るといった話を聞いたことがあると思いますがこの現象が一例ですね。

アスミールは独自の研究によって成長ホルモンをサポートしてくれるZAPバランス(亜鉛、アルギニン、プラセンタ)を採用しており、成長ホルモンの分泌を促してお子さんの成長を力強く後押ししてくれます。

●まとめ

・身長を伸ばすために必要な2つの条件

  1. 骨端線(こつたんせん)
  2. 成長ホルモンの分泌

の2つについてお伝えしてきました。

大学生の時期は中学、高校時代と比べてコミュニケーションの場がもっとも試される時期でもあります。アスミールを飲み続けてたった1cmしか伸びなかったとしてもその伸びしろはしっかり自信へと紡がれます。

骨端線が残っていて成長ホルモンの分泌を促せば論理的には身長が伸びることは約束されています。大学生だから遅いんじゃないかともしかしたらあなたは思っているかもしれませんが、アスミールを飲むもっとも最適な時期は今この瞬間です。

大学生ならまだその可能性は十分に残っているので諦めずにアスミールを飲み続けさせてあげてください。身長が伸びると失いかけた自信を取りもどす事ができるから、「これが成功だ!」と感動するぐらい気持ちが高揚して寝なくても集中力が翌日も途切れなくなって体も軽くて元気なれます。

大学を卒業して社会人になるためには健康で元気な身体、エネルギーに溢れている身体を手に入れる必要があります。身長が伸びて自信がついた人とついてない人では寿命も5年ぐらいは変わると思うし、寿命だけじゃなく生活のクオリティーや将来的な年収とかも明らかに差が出てると思うんです。

だから、真っ先にあなたのお子さんにアスミールを試してほしいなと思います。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら


 

 - 年齢別の違い