アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールを飲んだら中学生の身長は伸びる?伸びない?

   

アスミールを飲んだ中学生の身長はどうなる?

アスミールは身長の伸ばすために必要なサポート成分が豊富に含まれている今もっとも人気が高いサプリメント飲料です。

アスミールは身長を伸ばすために効果が期待できるということなので、もちろん中学生の時期に飲んでも伸びる実感を得ることができますよ。というか、むしろ中学生の時期だからこそアスミールは最適と言えるので積極的に毎日飲み続けるべきです。

●なぜ中学生の時期にアスミールを飲むと良いのか?

身長がもっとも伸びる時期というのがちょうど中学生の思春期を迎える成長期です。
なので、成長サポートに定評のあるアスミールを飲むには絶好のタイミングというよりもこの時期を過ぎてしまうと後で苦労してしまいます。

なぜなら、生まれてから小学生を卒業するまでが一定の数値で身長が伸び続け、中学に入学して3年間でピーク(約1.7倍)を迎えるからです。その後は身長の伸びは下降していってしまいます。

アスミールを利用されているお母さんがお子さんに飲まし始めた年齢でもっとも多かったのが小学1年からです。つまり中学生から飲ますのは遅いぐらいとも言えるんですね。

もちろん高校入学して卒業、二十歳の成人までアスミールを飲んでも効果は実感できると思いますが早いほうが良いに決まっています。

●中学生になってもなぜ身長が伸びないのか?

中学生になってもなぜうちの子だけ身長が伸びてくれないの?と不安になりますよね。ですが、例えば小学生で一気に180cmまで伸びて身長が止まったというプロのバレーボール選手のエピソードをテレビなどでたまに聞く事ありませんか?。

これは個人差があるということを意味しています。具体的に言うと成長ホルモンの分泌量が増える時期にズレがあるという事です。この成長ホルモンの分泌量がもっとも増える時期というのが平均で12歳~14歳の2年間とされていますが、これはあくまでも基準です。

身長が伸びる期間がズレる事はよくありますので、心配なさらないでくださいね。急激に身長が伸びる2年間を最大限に活かすためにはその時期を迎える前にアスミールを活用していただければ大丈夫ですよ。

●成長ホルモンの分泌量を最大限に引き出すには

成長ホルモンの分泌量がもっとも出るのが中学生の時期にとても大切とされる「睡眠時間」です。

最近ではスマホの普及によって動画やLINEなどのSNSにハマってしまっている中学生が多く、睡眠時間を十分取っていないお子さんが増加しています。

成長ホルモンの分泌によって得られるのは身長だけでなく筋肉の形成にも大きな役割を担っています。筋肉が未熟なまま中途半端に成長してしまうと代謝が悪い体質になってしまうため、太りやすくなりますし肌荒れしやすい弱い皮膚が形成されてしまいます。そんな未熟な体質にならないためにもお子さんとしっかり話し合ってスマホの使用時間を決めて制限するようにしてください。

スマホの使用時間を制限させるコツとしてはお子さんに「何時まで使用する」と決めさせる事です。つまり相手にコミットメントさせるという事ですね。教育評論家の尾木ママが言っていました。相手に決めさせたルールは反発心によって簡単に破られてしまいますので、必ずお子さんにスマホの使用時間を決めさせるよう施してくださいね。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - 年齢別の違い