アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは大人が飲んでも効果があるのか?検証してみた結果・・・。

   

アスミールは大人が飲んでも効果あり!?

アスミールは大人が飲んでも効果を実感できるかどうかをここではご紹介します。

アスミールは特に身長が伸び盛りの小学生、中学生の時期の飲ませてあげたいというお母さんにとても評判です。

そこで気になるのが大人になってからでもアスミールを飲んだら身長が伸びる効果を実感できるのかという疑問ですよね?

大人になっても身長が低いとどうしても周りと比べて自分だけ違うといった、少し疎外感を受けてヘコんでしまいがちです。でも友人とかはやさしいから「そのままの身長でも十分だよ」って励ましてくれるけど、いやいや私の気持ちなんて判らないでしょっ!て内心では少し思ってしまいます。

身長が高いと着る服の幅も広がるしモテたりするからちょっとだけでも身長が欲しいって思いますよね。

●大人になっても身長が伸びる効果はあるのか?

そもそも論として大人になっても身長が伸びるかどうかが気になりますよね。もし全く伸びないという科学的証拠があるのなら身長の事はキッパリ諦めが付きます。

結論から申し上げますと大人になっても身長は伸びます。

これは研究データからでも判っていて特に20代の方に身長が伸びる割合が多いというのが検証で判っています。ですので、もしあなたが20代ならアスミールを積極的に飲んでもらえれば身長が伸びる効果をきっと実感できます。

●大人になっても身長が伸びる人と伸びない人の違い

大人になっても身長が伸びる人と伸びない人の別れてしまうのには必ず原因があります。その原因について紐解いていきましょう。

■身長と成長ホルモンの関係性

身長に一番大きく関わっているのが遺伝などの要素がもっとも大きいのですが、次に大事なのが「成長ホルモンの分泌量」です。成長ホルモンの主な働きとしては体の様々な機能をコントロールするという役割を担っています。また、子供から大学生の時期には骨や筋肉などの体の仕組みの成長に大きく働きかけます。

成長ホルモンの分泌量が増えると身長が伸びるという仕組みになっているのです。そして、もっとも分泌量が増える時期というのが思春期である成長期で通常の分泌量よりも2倍とその数値は飛躍的に大きく跳ね上がります。

なお、大人になったら成長ホルモンの分泌が完全にストップするというと、そうではなく年齢を重ねるごとに徐々に低下していきます。つまり、20代ならまだ身長の伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌量が残っている可能性があるという事です。

また、成長ホルモンの分泌量が増える時期は個人差があるため年齢に多少のズレが生じます。そのため、分泌量が増えるタイミングが遅い人ならばそれだけ身長が伸びる可能性が高いという事になります。なのですが、高校を卒業して18歳を迎える頃になると食事に自由が効くようになるため栄養バランスが崩れがちになってしまいます。

●アスミールで成長をサポート

食事による栄養バランスは成長ホルモンの分泌量と同等と言えるぐらい体の成長に大きな影響を及ぼします。

アスミールは成長ホルモンをサポートするアルギニンと亜鉛を高配合しているのに加えて、1杯で不足分の栄養素を補給できる国から認定された栄養機能食品なので栄養バランスにおいては大変優れています。また、栄養士や医師が推奨するトリプルカルシウムを配合しているので丈夫な骨も形成してくれます。さらに合成保存料、着色料、甘味料不使用なので毎日安心して飲み続ける事が出来ます。

もし、あなたが大人になっても身長を伸ばしたいと諦めきれないのならアスミールを試してみてぜひ体の成長を実感してみてください。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - 年齢別の違い