アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールが小学生の低身長により効果を発揮する方法とは?

   

アスミールで小学生の身長をより伸ばす効果的なやり方

アスミールは周りの子供と比べてお子さんの身長が低いとお悩みのお母さんからとても評判のサプリメントです。

小学生の時期に子供の身長がどれだけ伸びるかというと、1年で平均で5cm~6cm伸びます。つまり6年間で平均33cmも身長が伸びるということです。

なお、この数値はあくまでも平均値ですので取り入れる栄養素によってはもっと身長が伸びるかもしれません。ですので、この時期にどれだけ効果的にアプローチするかでお子さんの身長の高さが決定づけられます。

お子さんの状況を正確に知るためにお子さんの身長を1年刻みで計ってみてください。もし平均の5cm~6cmを下回るのであればアスミールと一緒に食事の見直しを図ることで平均値以上の伸び率を引き出す効果が期待できます。

●小学生の身長が伸びるメカニズム

人間の身長の大きく関わるのが遺伝子などによる要因が大きいのですが、普段の食事に偏りがあると遺伝によって決まっている身長の最大値まで達することが出来なくなってしまいます。

要するに、身長の高さは生まれた瞬間に決まっていて後は取り入れる栄養価によって最大値の高さに達するかそれ以下に留まってしまうのか決まるということです。

普段の食事がとても大切ということですね。

●遺伝による最小値を避けるためにすべきポイント

遺伝によって身長の高さはすでに決まっているという事を前途でお伝えしましたが、ここでは最悪の結果である最小値を避けるために大切な3つの栄養素についてお伝えします。

その3つの栄養素というのは以下の三大栄養素と呼ばれるものです。

・炭水化物
炭水化物は摂ると体内で糖質に変化しやすいい性質を持っており、摂ると脂肪が付きやすい言われていますが体を動かすのと脳の働きかけには欠かせない必須の栄養素です。

炭水化物が多く含まれる食品はお米、麺類、お好み焼きなどの穀物類で食べ過ぎると肥満の原因になります。なお、豆類、芋類、果物、乳製品にも炭水化物は含まれているためできるだけこちらのほうで補給する事をおすすめします。

・たんぱく質
たんぱく質は体を作る代表的な栄養素です。たんぱく質を取り入れるとアミノ酸に変化し、アミノ酸は髪、爪、臓器、筋肉、骨など体のあらゆる部位の主成分として絶対に必要な主成分ですし体の様々な働きにも大きく起因しています。

たんぱく質が多く含まれる食品は肉、魚、貝類、大豆の順に多く含まれます。

・脂質
脂質は炭水化物と同じく摂り過ぎると脂肪に変わりやすいと言われていますが脳の機能の正常化と栄養素を取り入れるために必要な働きである食べ物の消化、吸収を助けてくれます。

ちなみにお菓子やレトルト食品、マーガリンなどに含まれているトランス脂肪酸は体に悪いとされているので小学生の時期に積極的に食べる事は避けたほうがいいです。

脂質が多く含まれている食品は肉、脂がよくのった魚、くるみ、オリーブオイルなどが代表的です。

これら三大栄養素の内、炭水化物と脂質は一見すると肥満の原因として悪いイメージをお持ちになられるかもしれませんがこれはあくまでも摂り過ぎた場合のみです。

この三大栄養素を意識して食事の献立を考えれば遺伝による身長の最小値の高さを避けることができます。また、より効果を得るために不足した分の栄養価はアスミールで補えば遺伝子で決まった最大値により近づけることができますよ。

 

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら


 

 - 年齢別の違い