アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは高校生の身長に効果的な影響を与えるのか?

   

アスミールは高校生の身長に効果的にアプローチしてくれる

「アスミールは高校生のうちの子が飲んでもちゃんと身長が伸びてくれるのかな?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

身長は20代前半までは伸びるということが科学的な研究によって証明されていますので安心してください。アスミールが高校生に効果が期待できる理由について次から説明していきますね。

●身長が伸びる仕組みについて

身長が伸びる仕組みについては完全に解明されている訳ではありませんが、効果が期待できるアプローチ方法はいくつか判っています。

まず、身長が伸びるための条件としてお子さんが「骨端線」のある成長期である必要があります。この骨端線がある成長期に成長ホルモンが分泌されれば理論上は身長が伸びるという事になります。なお、骨端線はおよそ20代前半までは残っていると言われているので高校生の時期に成長ホルモンの分泌を施せば身長は伸びます。

アスミールは成長ホルモンをサポートしてくれる成分「亜鉛」、「アルギニン」、「プラセンタ」の3つをバランスよく高配合されているので高校生の時期にはぜひ飲ませ続けてあげてください。

●成長ホルモンがもっとも分泌される時期

成長ホルモンの分泌量がもっとも増える時期というのが中学1年~高校1年の間のどこか潜伏していて増える時が来たら2年間は身長が急激に伸びます。

・高校生を迎えた時の身長の伸び率について

男子の場合は高校を卒業するまでの3年間で平均7cm~8cm、女子だと高校1年で平均1.1cm伸びて高校2年以降は伸びないとされています。女子は高校2年以降は伸びないとされていますが、これはあくまで基準で小学生で身長が急激に伸びて以降まったく伸びなくなったり、中学3年から急激に伸びたりという事例は非常にたくさんあります。

こういった事例があるように身長が伸びる期間はズレがあるため、決してあなたのお子さんの成長が止まったと意味づけるものではありません。また、前途でもお伝えしましたが2年間の成長ホルモン分泌量がもっとも増える時期が高校1年までズレ込んでしまっている可能性もあります。

実際、私の男友達も高校1年から急激に身長が伸びてかなりたくましく見えました。その友人に何cm伸びたの?と聞いてみたら10cm以上は伸びよー、と言っていました。

こういった事例はとても沢山あるので高校生だからとって諦めずにアスミールをうまく活用して効率良くお子さんの身長を伸ばしてあげてください。

●伸びにくいとされる高校生がやるべき3つのポイント

身長が最も伸びやすい成長期を過ぎてしまうとこれまでと一緒の生活をしていてはあまり変化は期待できません。ですので、今からお伝えする3つのポイントを参考にしてみてください。

1,必要な栄養素を摂取する
高校生の時期は身長を伸ばす以外にも骨、筋肉、内蔵などの成長を形成させるために必要な栄養素を摂取して総合的な栄養バランスを重点におき食事を考えてください。

そのためには、お米、おかず(肉、魚介類、大豆)、野菜、乳製品、果物の5品を1回の食事にバランス良く取り入れる必要があります。どうしても忙しくて5品も準備が出来ないという場合はアスミールの栄養機能食品も担うサプリメント飲料をうまく活用すると良いです。

2,適度な運動
骨の成長を促進させるには運動によって骨に適度な負荷を与える必要があり、成長ホルモンの分泌を促すためにも運動は効果的です。

3,十分な睡眠
身長を伸ばすために非常に大きな役割を担う成長ホルモンの夜の深い眠りの中で多く分泌されます。

そのための工夫としては「部屋を真っ暗にする」、「音は無音にする」といった改善を行うとより深い眠りに付くことができ成長ホルモンの分泌を促す事ができます。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 

 - 年齢別の違い