アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは幼稚園児が飲んでも大丈夫?

   

アスミールを飲み始める適切な年齢について

アスミールは成長をサポートしてくれる栄養成分がバランス良く配合された1杯飲むだけで1日の不足しがちな栄養素を補うことができる栄養機能食品です。

子供の成長に欠かせない栄養価をバランス良く摂取できるアスミールをなるべく早い時期の幼稚園児から飲ませたいと思うお母さんは多いと思います。そこで気になるのが何歳から飲み始めるのが適切なタイミングなのかという事ですよね?

●お子さんが飲み始める時期が1番多い年齢は?

口コミを見て多く見られるたのが幼稚園児を卒園した後の満7歳の小学1年生からアスミールを飲み始めさせているお母さんです。理由はこれから小学校に上がり周りの子供と比べて身長が低いといじめにあったりして我が子の将来に影響が出るのではないかという不安からくるというのが多かったです。

また、子供の身長が伸びる時期は生まれてから中学の3年間をピークに迎えるまでなので幼稚園児から飲ませるまでもないという意見が多い傾向にありました。とはいえ、中には5歳の幼稚園児からアスミールを飲ませているというお声も少なからずありました。

アスミールにおいては厚生労働省の食事摂取基準のほとんどを1日1杯で満たすことのできる優れた栄養バランスも特徴です。なので、幼稚園児からアスミールを飲み始めても早すぎるということは決して無いですよ。逆に国が定める食事摂取基準のほとんどを満たしていないサプリメント飲料であればおすすめはできません。

●幼稚園児の食事で押さえておきたい3つのポイント

3歳~5歳ぐらいの幼稚園児は食事には特に気を付けなくてはいけません。この時期は将来ずっと体を支える最初の土台作りの過程ですから適当な食事を与えてしまえば身長の低い病弱な身体となってしまいます。ですので、以下の3つのポイントをしっかり守った食事を心がけてください。

1,食事のバランスに気をつける
幼稚園児だからといってあまりにも気を付ける必要はなく、基本大人と同じと考えてください。そこで大切となるのが栄養バランスです。

もしあなたが普段から取っている食事の栄養バランスが偏っていたとしたら、子供まで影響を受けてしまうため以下の基準を明確に定めておきますね。

・主食・・・ご飯、パン、麺類

・おかず・・・肉、魚、大豆、卵

・副菜・・・野菜類、芋類、きのこ、海藻類

・乳製品・・・牛乳、ヨーグルト

・果物

これら5品を普段の食事に含めることで大切な栄養素をバランス良く取り入れることができます。また、食事のバランスが取れていると3大栄養素と言われる「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」をしっかり補うとともに取り入れた様々な栄養素も体内へ効率よく吸収する事ができます。

仕事や家事が忙しくて5品全て用意するのが厳しいというなら少なくともおかずと副菜の2品は抜けが無いようにしてあげてください。

2,食事の量
食事の量は大切でここを怠ると大事なお子さんが痩せすぎてしまったり、ただの肥満児になってしまいます。気をつけるポイントは大人が食べる半分より少しだけ多めの食事に加えておやつを1~2回与えてあげる事です。

おやつについては小さめのおにぎりやパン、プリン、クッキー、乳製品、豆乳製品などが適切です。工夫としては魚の煮干しやチーズ、ヨーグルトの乳製品、ピーナッツなどの豆類をおやつとして定着してあげると高い栄養価が取り入れる事ができます。

3,飲み物にジュースはNG

飲み物としてジュース、炭酸飲料水、清涼飲料水などを幼稚園児の時期に当たり前のように飲ませるのは体にとって好ましくありません。これらの飲料水には糖分がたくさん入っているため、脂肪が付きやすいのに加えて臓器への負担も大きくなります。

できるなら浄水器を通したキレイなお水を飲ませるようにしてください。水なしでは5日も生きてはいけないので水分はとる必要がありますが、水を選ぶ理由はむしろクリーンな水分を補給するという意味合いが大きいです。

●まとめ

お母さんが子供にアスミールを飲み始めさせる時期が1番多い年齢と、幼稚園児の食事で押さえておきたい3つのポイントについての2つをここまで紹介してきました。

幼稚園児は元気に動き回るようになって大変な時期なので食事の面では色々と苦労すると思います。アスミールは冒頭でも申し上げたように1日に不足する栄養価を補うことが出来る栄養機能食品です。

栄養バランスの取れた食事を毎日準備をするのが厳しい場合はアスミールをうまく活用してお子さんの成長の手助けをしてあげてください。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - 年齢別の違い