アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは副作用がある?ない?その内容は・・・

   

アスミールの気になる副作用について

アスミールの副作用があるのかないのかが気になりますよね?

お子さんの身長が低いからといって小さい時期から副作用が現れる健康飲料を毎日飲ませるのはとても心配です。

結論から申し上げますとアスミールを飲みはじめて副作用が出たという話は聞いたことがありません。なぜなら、アスミールは国が定めている栄養機能食品として認められている安心の栄養飲料だからです。ですから副作用があるかもしれないといった心配は必要ありませんよ。

また、アスミールの安全性については合成保存料・着色料・甘味料を一切使用していないので安心して毎日お子さんに飲ませてあげることができます。それよりもアスミールは6歳~7歳の日本人の食事摂取基準をたった1杯で1日に必要な栄養素の不足分を補うことができるのでメリットばかりですよ。

●副作用の定義

副作用という言葉は一般的に広く使われていますが、実は医学的に使われる事が主な用語なんです。ですが、いつの間にか健康食品などにもよく使われるようになってしまいましたね。

主に副作用が使われる薬の例は風邪薬とかだと眠気が出るというのが良く聞きますよね。他には、高血圧の場合だと利尿剤の副作用として腎臓や肝臓に負担が掛かって糖尿病を引き起こしやすくなってしまうという目には見えない副作用の例もあります。抗がん剤の場合だと白血球が減りますがこれは明らかに目に見えない副作用ですね。

つまり、薬の場合は目に見える見えないに関わらず何かしらの副作用は発生するという事です。

では、アスミールの場合はどうかというと健康食品という立ち位置で医薬品ではないので副作用といった症状が現れることはありません。少なくともアスミールは国が認定している栄養機能食品の枠組みなので副作用の心配はいりませんよ。

●アスミールを飲む時の注意点

アスミールは牛乳と混ぜて一緒に飲む栄養飲料です。ですので、もしお子さんが乳糖不耐症の場合だとおなかをゆるくして下痢になってしまう可能性があります。

・乳糖不耐症とは?

乳糖不耐症とは乳頭を分解する酵素が腸には備わっているのですが、その酵素が腸内に少ないと下痢になりやすくなってしまいます。その場合は牛乳を温めてアスミールをホットで飲むようにする事で対処することができます。

また、他の食品と一緒に食べて引き起こすアレルギーによるものが原因ということも考えられるので下痢などの症状が見られた場合は医師の診断を受けるようにしてくださいね。

●まとめ

アスミールの副作用についてここまでご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

アスミールを飲む時の注意点として牛乳によって下痢の症状が見られた場合の対処法についてもお伝えしました。

アスミールは栄養機能食品ということもあり1日に必要な栄養素を約80%も補ってくれる優れた栄養飲料です。ですが、アスミールだけに頼って基本の食事を疎かにするのだけは危険です。

1日1食だけとか手軽に食事が用意できるレトルト食品ばかりだとアスミールだけでは栄養素の不足分を補うことは難しいからです。アスミールはあくまでも補助的な役割ですのでお子さんの成長と健康のためにも少しでも栄養価を意識した食事を与えてあげるようにしてくださいね。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて