アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールを子供が飲むと効果を実感できる3つの理由

   

アスミールは子供に効果がある理由とは?

アスミールは子供が飲んだら本当に身長が伸びる効果を実感できるかどうかをここでは確かめていきます。

子供の時期は身長がもっとも伸びる絶好のタイミングでもあるため成長に効果的な栄養素が含まれているかどうかをしっかり確認しておくべきです。さらには子供の健康面も考えて栄養バランスと安全性もしっかりと考慮しなくてはいけません。

子供の身長を伸ばしてくれる栄養素と丈夫な身体作りに大切な栄養バランス、安全性の合わせて3つをアスミールはしっかり満たしているかどうかを今から一緒に検証していきましょう。

●身長を伸ばすために必要な栄養素は含まれているのか?

子供の身長に大きく関わってくる要素としてあまり知られていませんが、実は「成長ホルモンの分泌」が最も重要と言われています。この成長ホルモンの分泌は身長の伸び率に大きく関わる遺伝による一因の次に大事とされる要素なので絶対に無視することは出来ません。

成長ホルモンの分泌量がもっとも増えるのが思春期の成長期でこのタイミングで子供の身長がもっとも伸びます。テレビなどでよく言われていますが寝ている間に骨が成長して関節が痛くて起きてしまうといったエピソードを聞いたことがあると思いますが、このような時が成長ホルモンの分泌量がもっとも増えている時期です。

逆にこの時期に成長ホルモンの分泌量が少ないといくら栄養を摂っても子供の身長の伸びに影響を及ぼす事はあまりありません。

■アスミールは成長ホルモンのサポート成分を配合

アスミールには成長ホルモンの分泌量を促すサポート成分として「アルギニン」を高い配合率で含まれています。さらに、このアルギニンに加えて骨や筋肉の形成に強力にサポートしてくれる亜鉛とプラセンタも豊富に配合されていているので身長の伸びに高い効果が期待できます。

●アスミールの栄養バランスについて

子供の時期は体の土台を作るために大切な事は1日に必要な栄養素をバランス良く取り入れることです。これを怠ってしまうと成長ホルモンの分泌量に偏りが出たり病気に掛かりやすい体になってしまいます。

アスミールは厚生労働省の食事摂取基準のほとんどを満たしてくれる栄養機能食品として国から認定されている飲料ですので栄養バランスという点では申し分ありません。なので、普段の食事にアスミール1杯で1日に必要な栄養素はしっかり補うことができます。

さらに、お子さんの学習能力や記憶力をサポートしてくれる成分「DHA」も配合されているのはうれしいポイントです。

●アスミールの安全性

いくら栄養バランスが優れているからといっても安全性が損なわれていれば丈夫な体の土台作りとして毎日子供に飲ませるのは危険です。アスミールの安全性については下記の4つのこだわりポイントがあります。

1,使用原料は全て国内製造

2,合成保存料・合成着色料・合成甘味料は全て不使用

3,日本国内の工場で製造

4,放射能検査済み

以上の4つです。

1、3,4については当たり前の基準だと思いますが、2の合成保存料、合成着色料、合成着色料は一切使っていないという点はとても好感が持てます。大人であれば体の土台はしっかり出来上がっているのでこういった添加物は多少摂取しても問題無いと思いますが、土台作りの途中の過程で子供に摂取させる訳にはいきませんよね。

●最後に

子供の身長を伸ばすために必要な要素として下記の3つをアスミールが満たしているかどうかをここまでで検証してきました。

  1. 身長が伸びる栄養素
  2. 栄養バランス
  3. 安全性

これらの3つをアスミールは満たしていることをまずはご理解いただき、あとはお子さんに飲ませてあげるかどうかはあなた自身でご判断してください。私の知る限り身長を伸ばす飲料としてはアスミールが1番優れていると思っています。

子供の身長を伸ばしてあげたいというお母さんが実際にアスミールをお子さんに飲ませてみたリアルな声を下記の公式サイトよりご覧になれますので気になる場合はぜひ一度ご確認ください。

 

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて