アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールの気になる対象年齢はいくつ?|効果的な期間とは?

   

アスミールを飲ませてあげると効果的な対象年齢について

子供の低い身長を伸ばしてくれると評判のアスミールですが、気になるのは対象年齢はいくつなのかですよね?結論から申し上げますと、アスミールは幼児期から年配の方まで幅広い年代までが対象年齢になります。

なぜなら、アスミールは医薬品の部類ではなく健康食品という立ち位置ですので対象年齢というのはメーカーからは特に決められていないからです。逆に対象年齢がいくつからとか明記されているような健康食品は規約違反となるのでグレーだから気を付けてください。

また、アスミールは合成保存料、合成着色料、合成甘味料は全て使っていない安心して毎日飲むことができます。とはいえ、いくら安心だからといっても幼児期から毎日飲ませるのはさすがに不安ですよね。ですので、次はアスミールを飲ませ始める適切な年齢についてのお話をしていきます。

●対象年齢はいくつが適切なのか?

アスミールを実際に利用されている方の声を聞いてみると小学校に入学するタイミングの満6歳~満7歳のお子さんに飲ませてあげるお母さんが圧倒的に多かったです。ですので、対象年齢としての最低ラインは満6歳からがおすすめということになります。なので、もしお子さんがまだ幼児期でアスミールを飲み始めようかどうかお悩みでしたら小学校に入学する時のタイミングで飲ませてあげてください。

次に何歳までが対象年齢になるのかを説明します。

●対象年齢は何歳まで?

何歳までが対象年齢なのかということですが、身長が伸ばすためということを前提に置くと身長が止まるとされている20代前半までということになります。

男性は25歳で女性は22歳までに身長が完全に止まってしまうと言われているからです。なお、身長が止まるタイミングは男の子と比べて女の子のほうが圧倒的に早いです。早いと中学校を卒業したら完全に止まってしまうといった具合にかなりの差があります。

もちろん個人差は男女ともにありますので参考までということになります。可能性という意味では身長が伸びる要素は男女とも20代前半まで残されているので諦める必要は全くありませんよ。

●なぜ身長が止まってしまうのか?

人の身長が止まる最大の一因は骨端線(こつたんせん)と言われる骨を形成させて大きくさせる根底の部分が消滅してしまうからです。ちなみに骨端線の場所は関節部分にあって寝ている時によく成長するので痛くて起きてしまうということは珍しくありません。

●アスミールを飲ませてあげる最適な期間

アスミールを飲ませてあげたい最適な期間があります。その期間は小学校4年生から中学を卒業するまでの6年間です。理由は身長が伸びやすい成長期に加えてさらにグンッと伸びる思春期を迎える大切な期間だからです。

女の子だと早くて小学高学年頃から、男の子だと中学1年頃からもっとも身長が伸びる2年間を迎えることになります。そう、この2年間は思春期を迎える時に人生で1番身長が伸びるタイミングなのでこの時期を迎えるための準備をしっかりしておきましょうね。

6年の準備期間にアスミールを飲ませてあげると秘められた身長の伸びを最大限まで引き出してくれます。ですので、ぜひこの小学校4年生から中学を卒業するまでの6年間はアスミールを積極的に飲ませてあげてくださいね。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて