アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールは低身長の子供にも効果はあるのか?背を伸ばす3つのコツ

   

低身長の子供の背を伸ばすために必要なこと

アスミールは低身長の子供の背を伸ばすために必要な栄養素が含まれていなければただの排出物になる可能性があります。そこで、アスミールは低身長の子供に効果的な栄養素が含まれているかどうかを検証していきたいと思います。

●アスミールに含まれる有効成分

ここで言う有効成分というのは低身長の子供の背を伸ばすために必要な栄養素のことを意味します。では、アスミールに含まれる有効成分を見て行きましょう。

■有効成分

・亜鉛
亜鉛は成長ホルモンの元であるたんぱく質の合成をサポートしてくれます。つまり、肉、魚、貝類、大豆の食品によって取り入れた良質なたんぱく質を体の成長の助けになるように効率よく働きかけてくれる成分です。

・アルギニン
アルギニンは背を伸ばすために重要な成長ホルモンの分泌を強力に増幅させる働きを持っています。それによって運動中、睡眠時間に骨を成長させます。

・プラセンタ
プラセンタには良質なアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので骨と筋力アップのサポートに効果を発揮してくれます。

・トリプルカルシウム採用
カルシウムはただ摂取しても体内に吸収されず体外へ排出されてしまいます。ですが、吸収しづらいカルシウムをしっかり摂取できるようにこだわりの3つのカルシウム「魚骨焼成カルシウム」、「胡麻ミネラル」、「ドロマイト」がバランス良く配合されています。

・CCP(カゼインホスホペプチド)&ビタミンD
さらにアスミールはカルシウムの吸収率を高めてくれるCCPとビタミンDも配合されています。

・11種類のビタミン配合
取り入れた栄養素の多くはビタミンに起因して体内への吸収率が変化していきます。つまりビタミンが取れていないとせっかくの栄養価も無意味なものにしてしまうんです。

アスミールは高配合された優れた栄養成分の働きをさらに高めるために11種類のビタミンが配合されています。

・DHA配合
DHAは学習能力や記憶力をサポートしてくれる注目の成分です。
DHAは魚介類に多く含まれているため魚嫌いの子供でも毎日摂取できます。さらに、アスミールは厚生労働省の食事摂取基準のおよそ80%を満たすことができる優れた栄養バランスも魅力です。

次はこれらの栄養素を効率よく成長へ繋げるための3ステップをご紹介します。

●栄養素を最大限に活かして身長を伸ばす3ステップ

せっかく取り入れた栄養素を普段の生活を変えずに無駄に過ごしてしまうのは勿体無いです。背を伸ばすために取り入れた栄養素は次のステップを踏んで最大限に活かしてください。

ステップ1
運動をする。

ステップ2
夜22時~深夜2時の4時間は熟睡する。

ステップ3
ステップ1~ステップ2を毎日繰り返す。

たった3つの手順で栄養素を最大限に活かして背を伸ばすことができます。

基本すぎて予定調和的になって無視してしまいがちですが、子供の背を最大限に伸ばすためにはとても大事なことなのでぜひ実践してください。

■解説

ステップ1の運動をすることによって成長段階の軟骨に刺激が加わり細胞分裂が活性化して骨が伸びていきます。

運動の具体的な方法についてはジョギング、縄跳び、ダンス、バスケ、バレーボールなどの比較的”飛ぶ”動作が多いスポーツが適していると言われています。縦運動がより骨に刺激が掛かりやすいというのが学術的な見解です。

ステップ2の熟睡については夜22時から深夜2時の4時間の時間帯に深い眠りにつくことで、体の成長を促進するために重要な成長ホルモンの分泌量がもっとも増えます。寝ている間に関節がミシミシと痛くて起きてしまうというのはこの現象が起きるからです。

なお、好奇心旺盛な子供は親が夜起きていると気になって寝むれない傾向にあるので可能であれば同じ時間帯に寝てあげると良いですね。

以上の3ステップを実践してアスミールを有効活用し低身長には見えない健康的なお子さんに育ててあげてください。

 

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて