アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールを飲むと太る!?その理由とは?

      2016/02/14

アスミールは太るってホント?

アスミールを飲むと太るという話をあなたは聞いたことがありますか?

私はアスミールについて色々と調査していますが太るという話は聞いたことが無いので太らないと思います。とはいえ、少し太り気味なお子さんで身長を伸ばしたいというという場合はアスミールを飲んだら太るのか太らないのかを知りたいと思うのでここでハッキリさせていきます。

●アスミールが太る要因とは?

アスミールは飲みやすいココア味ということで甘みを演出するため糖質は多少なりとも入っているので太る可能性はゼロとは言い切れません。ですが、アスミールのコップ1杯の分量はスプーンすりきり2杯の約6gに牛乳100mlを1日1回飲むだけなので糖質の摂り過ぎやカロリーオーバーに陥ることはまずありえません。

また、他社のよく似た健康飲料のほとんどの製品は1日に2回以上飲む必要があったりするのでアスミールよりも太りやすい傾向にあります。

●アスミールは栄養価が高いから太るのか?

アスミールは1杯で1日に必要な栄養素の約80%も取り入れることができます。ですので、朝食とおやつ時に1杯づつ飲みさらに夕飯にも1杯の計3杯も1日に飲むと栄養過多となって太ることがあるかもしれません。

アスミールは健康食品としての立ち位置ですので水やお茶と同じ感覚で飲ませるのは太る原因となりえる避けたほうが良いかもしれません。

●運動不足は太る原因に

身長を伸ばすために大切な習慣として毎日の運動は必要不可欠です。

アスミールは1杯で食事摂取基準のおよそ80%を摂ることができますが、体内に取り入れた栄養素は運動することによって骨と筋肉を成長させます。ですが、運動を怠っていると取り入れた栄養素を十分に消化することができないため、余った栄養素は脂肪や老廃物へ変化しやすい性質になってまいます。

ちなみに筋肉は代謝を促す役割をになっているので脂肪を燃焼しやすくしてくれる働きを持っていたりします。

骨に関しては運動による刺激を与えることで細胞が活性化して成長するのでお子さんの身長を伸ばしてあげることができます。よってアスミールを飲むのであれば運動は絶対に必要なわけでそもそも子供の成長をサポートするために飲ませるのが目的なんですよね。

勉強熱心なあなたなら絶対にないと思いますが、もしお子さんが運動を全くしないにも関わらずアスミールを飲ませるスタンスであれば太ることは念頭において利用してください。

●アスミールのみでほかの食事抜きだとどうなる?

アスミールのような栄養価が高くてバランスの取れた健康飲料を手に取るとダイエットのためにという理由で食事を抜くという極端な人が少なからずいます。

ですが、アスミールに限らず健康食品だけに頼るのは大変危険です。なぜなら、健康食品はあくまで補助的な役割でメインでは決してないからです。

栄養素のメインとなるのは普段の自然な食事でその中から取り入れることができる栄養成分は体内への吸収率は他の健康食品の費ではありません。ですので、アスミールを活用するのであれば普段の食事に加えてあくまで補助の目的として飲ませてあげるという場合だけにしてください。

決して毎日の食事管理が面倒くさいからという理由に偏るような飲ませ方だけはしないであげてくださいね。

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 - アスミールについて