アスミールは何歳まで使えるか?【効き目を調べてみた結果】

アスミールは何歳まで飲むのが適切なのか?お伝えしていま小学生・中学生・高校生、それ以上?アスミールは一体何歳まで飲んだら身長が伸びるのでしょうか?また、その効果や特徴いつから飲み始めたらいいのか?もあわせてお伝えしていますのでぜひご参考にされてください。

アスミールとセノビックを比較してわかった違いとは?

   

1.アスミールとセノビックの成分を比較したら驚きの違いが!?

アスミールとセノビックを比較してわかった違いについてご紹介します。子供の身長をもっと伸ばしてあげたいというのが現在の親御さんのお悩みだと思います。どちらも人気の高い成長期応援飲料ですが、できれば効果がある方をお子さんに飲ませてあげたいですよね。

1-1.アスミールとセノビックの決定的な違いとは?

アスミールとセノビックに含まれる成分内容を見てわかったことは身長を伸ばすという意味で特化しているのは「アスミール」ということです。なぜならアスミールには身長が伸びる過程において必ず必要な成長ホルモンの分泌量を促進させてくれる成分「アルギニン」が配合されているからです。アルギニンはスーパーアミノ酸とも呼ばれていて成長ホルモンの分泌を促す以外に美容効果の高いコラーゲンの生成にも一躍担っている希少な成分です。

1-2.成長ホルモンと身長の関係性について

成長ホルモンといえばFCバルセロナに所属する天才サッカー選手のメッシが「成長ホルモン分泌不全性低身長症」を克服することができた注目の成分です。メッシ選手は低身長症ということで子供の頃から毎日何本も成長ホルモン注射を援助を受けながら数百万も掛かる治療をしてきたのでもちろん一般的には受けることができません。

ちなみに、メッシ選手の現在の身長は169cmまで伸びてプロサッカー選手として活躍できる高さにまで成長しました。もし成長ホルモンの治療を受けていなければプロで活躍できる身長どころか体力すら付けることができなかったでしょう。

メッシ選手は169cmまで伸びましたが圧倒的なスピードドリブルに加えて180cm以上が普通のディフェンダーにも当たり負けしない強靭なフィジカルを手にしています。しかもケガをあまりしないということでこれは成長ホルモン治療のおかげなのではという専門家の声が上がっています。そう、成長ホルモンは身長だけでなく丈夫な身体をつくることにも大きく関わっている重要な要素なんです。

1-3.アスミールとセノビックの成分比較

アスミールとセノビックの成分を比較するとかなり違うことがわかりました。それはアスミールほうが総合的な栄養トータルバランスが優れているということです。例えば、セノビックに配合されている成分で代表的なカルシウム、鉄、ビタミンD、アミノ酸の4つですがアスミールにはしっかり含まれています。

さらに、アスミールは1日に必要な栄養素の不足分をおよそ80%を補えることができます。なので、普段の食事で陥りがちな栄養が偏るという心配が無くなります。栄養バランスが優れているということは相乗効果によって各栄養素を体内へ効率よく吸収できるのでメリットとしてはかなり大きいです。

1-4.まとめ

アスミールとセノビックを比較してわかった違いについてお伝えしましたがいかがでしたか?成分を重点にして比較するとアスミールのほうに軍配が上がるという結果になりました。アスミールは成長ホルモンの分泌にしっかり働きかけてくれるアルギニンに加えて1日に必要な栄養素をおおよそカバーすることができますからね。

セノビックはというと成長をサポートしてくれるという立ち位置なので普段からバランスの取れた食事を心掛けることができているご家族にはおすすめという感じです。お子さんの健康と成長に役立つアスミールの詳しい内容については下記の公式サイトよりご確認ください。

 

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



 

 - アスミールについて